よくある質問

よくある質問

どんな墓地を選ぶべき

【お答え】:お客様がこれからご先祖様をご供養に通われる場所ですから墓地の広さや立地条件は大変重要だと思います。
心のやすらぎが感じられ、自然が多く、高齢になったときのことも考え平坦な地形が理想的です。
方角や広さなどに良い悪いはありませんが、南または東に面した明るい場所が好まれます。
たとえ、よい条件を満たさなくても、少なくとも水はけがよくて清浄な場所を選びたいものです。

生前にお墓を建てることは、縁起が良い?悪い

【お答え】:生きているうちにお墓を建てる方が増えてきています。
後を継ぐ方に負担をかけないようにとの配慮や、家族全員で相談しながら自分自身のお好みのデザインで、納得のいくお墓をじっくり考えて建てられるメリットがあります。
生前にお墓を建てると縁起が悪いとされる方もいらっしゃいますが、生前にお墓を建てることは、「寿陵」「生前墓」と呼ばれ、家に幸せをもたらし、却って長寿を授かる縁起の良いことだと言われています。
開眼供養を行う開眼式には、お祝い事に準じた服装をして、お布施には紅白ののし袋を使用し、お祝い事として扱われています。

お墓に使用する石はどのようなものがあるか

【お答え】:一般的によく使われているのが御影石(みかげいし)と言う花崗岩(かこうがん)の一種です。
その分類としては、白御影石、黒御影石、青御影石などが代表的で、その種類は数百種類にもおよびます。
代表的な産地としては、日本、中国、韓国、インド、南アフリカ、スウェーデンなどがあります。
お墓に使用する石材には、色や風合い、産地、銘柄等いろいろな種類や特徴があります。
最近は外国産が増えており、墓石については「国産だから良い」ということはありません。墓所の気候や風土に合った墓石をお勧めします。
(株)いしやではお客様の条件に合った墓石を数ある墓石からご提案もさせていただいております。

お墓を建立する時期はいつ頃が良い

【お答え】:多少、宗派によっては異なりますが、基本的にはお墓を建てる時期には一定の決まりはありません。
しかし、大切な仏さま(ご先祖さま)を長い間、供養をしないでいるのではいけません。
一般的には年忌(ねんき)お盆など節目にあたる時期が良いかと思います。
最近では、百ケ日・四十九日と早くにお墓を建てて、供養される方も多くいらっしゃいます。

冬でもお墓を建てられますか

【お答え】:お墓は、一年中建てることができます。厳寒の地域では、真冬にお墓を建てることは難しいと思われがちです。
もちろん通常の施工技術に加え、厳しい寒さにも対応できる施工技術が必要ですが、(株)いしやでは、冬季の工事にも 対応しております。

開眼供養とは?

【お答え】:開眼供養(かいげんくよう)とは[入魂式][魂入れ]とも呼ばれ、新しく建立されたお墓に魂を入れる儀式のことです。
墓前にお供え物を上げ、花を生け、線香、ローソクを灯し、ご住職様にお経を唱えて頂いて始めて、信仰礼拝の対象として本当の意味の(墓石)となります。
ご先祖さまに安心してやすまれるお墓をつくるためにも是非、開眼供養をして下さい。

お墓にはどのような種類がありますか?

【お答え】:お墓の形には代表的な形として和型洋型の大きく2種類に分かれます。又、墓所によっては、規格が決まっているところもありますが、故人の趣味や職業、宇宙観などを表した意匠的な墓石を自由にデザインすることができます。
オリジナル墓石をご希望の場合には、墓石・デザインのご相談の際に、絵などを描いてお持ちいただけると、ご希望に沿いやすくなります。

建立後のお墓のお手入れはどのようにしたら良いのでしょうか?

【お答え】:お墓のお手入れは基本的には水拭きで行ってください。
市販の洗剤や漂白剤などを使用されると、変色する場合がありますのでご注意下さい。
又。㈱いしやではお手入れが非常にしやすくなるコーティング加工なども行っております。
大切なご先祖様のお墓をお手入れしやすくすることで長きにわたり大切にできる墓石をご提案しております。

お墓の価格について

【お答え】:お墓の値段は石の種類と土地の大きさで決まります。
敷地が大きいほど基礎工事の金額もかかりますし、石の使用量も多くなります。
また石の種類・産地によって大きく価格が違います。
比較的安価な中国産から高級品とされているインド産など、御影石には様々な種類・産地がございます。

墓石の購入費や工事費の支払い方法は?

【お答え】:墓石、墓石工事を併せ、現金で一括して支払う方法と、ローンで支払う方法があります。
墓地の永代使用料だけを現金で、墓石費をローンでと言う方法があります。
いしやでは、100万円以上の場合は支払い回数が120回まで金利は2.9%にてご案内可能です。
詳しくは(株)いしやにお聞きください。

地震や災害での倒壊が心配

【お答え】:当社で施工されたお墓は「10年間・震度7保障」いたします
(株)いしやでは、JIS規格のコンクリートを用いて、基礎から当社で施工します。
震度7まで保障するボンドで石を接着した後、目地は水分の侵入を防ぐためにコーキングを施します。

墓石に保険はかけられるの?

【お答え】:いしやではメモリアル共済会という保障制度をご用意いたしております。
震度5以上の倒壊や隣からのもらい事故まで最高180万円まで保証いたします。
墓石が水平ならばどなた様でもご加入可能です。

合掌 ご先祖が苦労して建てられたお墓を大切に守り続けましょう
耐震7補償を実現!耐震ボンドを使った地震補償について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ>>
地震補償
お墓の保険について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ>>
墓石共済
お墓参りに行きましょう